避妊薬服用後のしびれや途中で出血の原因

ピルは避妊薬として世界中で女性に服用されている薬です。

避妊薬としての効果はもちろんですが、生理前にイライラしたり体に不調が起こりやすいPMS、月経困難症、子宮内膜症の治療にも用いられており、婦人科系の病気の治療にも効果が現れます。

ピルにはプロゲストーゲンとエストロゲンという、2種類のホルモン剤が含まれています。
これらのホルモン剤は、女性の卵巣で作られる黄体ホルモンと卵胞ホルモンという、女性ホルモンと同じような作用がある点が特徴です。

服用を続ける事で排卵がストップするので、避妊薬としての効果を発揮します。
最近はプロゲストーゲンとエストロゲンの量が抑えられた、低用量ピルの処方がポピュラーとなっており、ピルを服用しても副作用は起こり難くなりました。

しかし、低用量といっても薬には違いがありません。
個人差はあるものの、副作用を起こすケースもあるので、この点は注意しましょう。

副作用としては、服用後に出血するケースが多いようです。
初めてピルを服用したという場合、約3割に不正出血が見られます。

ピルは生理初日に飲み始めるのが基本です。
この場合、ピルの作用によって生理が途中で終わってしまう場合があります。
すると残っていた経血が後から排出され、不正出血となって現れるのです。
ほとんどは、問題はありませんが長く続いたり、出血の量が増えたという場合、他の病気が隠れているかもしれない為、早めに医師に相談しましょう。

不正出血の他には、しびれも副作用の1つに挙げられます。
しびれも特に問題は無いと言われていますが、ピルは血栓症を引き起こす恐れがある薬です。
血栓症により血液の流れが阻害され、しびれが出ているかもしれません。

しびれが長く続いたり、押さえると痛みがある、肌の色が変色しているという場合は、やはりクリニックを受診しましょう。